前へ
次へ

レンタカー料金の仕組みについて

レンタカー料金は大きく分けると、5つの要素からなりたています。
1つ目は基本料金であり、時間制を採用しています。
基本料金は車種によって異なりますが、大型自動車になるほど高めに設定されています。
一例を挙げると、コンパクトタイプでは12時間で5~6000円程度、24時間で7~8000円程度です。
2つ目はオプション料金です。
例えばチャイルドシートやなど、基本プランに入っていないものを追加で予約した場合に料金が発生します。
3つ目は免責保証料です。
これは万が一の事故に備えて加入しておくことをおすすめします。
料金も1000円前後と、それほど高くはありません。
4つ目はガソリン代です。
レンタカーを返却する前に、営業所近くのガソリンスタンドで満タンにしてから返却しましょう。
5つ目は乗り捨て料金です。
ワンウェイ料金とも呼ばれていますが、返却する営業所がエリア範囲外であれば発生します。
乗り捨て料金については、予約するときに事前に確認することをおすすめします。

Page Top